小池イーサンだお(^O^)/

読んでーーーー

0000:QQ

九九 | Aizu Online Judge

※適当なことを書くので参考にしないでください。

決まった回数の繰り返しと出力するだけの簡単なお仕事です。

みなさんの回答を読んでみます。

右上をクリックすると開発環境がなくても実行できるサイトに飛びます。
f:id:koike_e3:20151220234821p:plain


ぼくの書いたものと全く同じです。
timesだとイテレータが0からはじまるので出力の式展開ではプラス1しないといけません。
putsは最後に改行してくれますね。


iとjがとってほしい値を配列に書いています。辞書を作ってるイメージでしょうか。
単純に1ずつ増えるものをわざわざ配列で書き上げるのはどうなんですかね。
printなので改行(\n)を入れないと続けて出力されます。


これはi,jを範囲指定しています。
範囲の表し方はふたつあって、
".."だと終端を含み、"..."だと終端を含みません。
つまり、ひとつ前の配列で表すと
1..10 => [1,2,3,4,5,6,7,8,9,10]
1...10 => [1,2,3,4,5,6,7,8,9]
になります。
printfはC言語の関数ですが、Rubyでも使えます。
ちなみに入力の関数scanfも使えます。


minとmaxを整数として、
min.upto(max)はminからmaxまで1ずつ増えていきます。
max.downto(min)はmaxからminまで1ずつ減っていきます。
増加減少の幅を1以外(少数とか)に指定したいときはstepです。(書くのめんどい)


eachは便利です。
範囲aを小さいほうから順にそれぞれにたいして繰り返しています。


こんな感じですかね。
ほかの人の書いたコードを読むのは勉強になる気がします。

でもこうまとめてみると時間がかかるから飽きたら読むだけにしよW


おわり