小池イーサンだお(^O^)/

読んでーーーー

オタクこそバッセンにハマるべきたったひとつの理由

バッセン−すなわちバッティングセンター−とは投球機から放たれた白球を棒−これを一般にバットと呼ぶ−で打ち返す遊技場のことである。2〜30球を1単位として、1単位あたり2〜300円ほどで楽しめる。しばしば、自らが白球を投げ、10数メートル先の的に当てる遊技機が併設される。

さて、本稿の主題たる「ハマるべき理由」について述べる前に、オタクたる読者諸君の「ルーチンワーク」を思い出してもらいたい。本稿でいうところの「ルーチンワーク」とは、いわゆる、手淫と呼ばれる自慰行為を指している。
想像して欲しい。いきり勃った陰茎をシゴき、飛び出る白濁液を。

勘のいい読者ならもうお気付きでしょう。
ギュッと握られ全力で振られたバットに弾き飛ばされる白球、これはまさに手淫であると。

いまこそ解放のときである。
ともに生命の息吹を感じよう。
オタクよ、バッセンへ集え。
f:id:koike_e3:20150810191301j:image
おわり